第四回クリエイターEXPOへの参加

IMG_1389.jpg
IMG_1385.jpg

三日間お疲れ様でした。
お越し下さった皆様ありがとうございます!

様々なジャンルの、様々な案件のご相談ありがとうございました。
具体的なご相談はかなり多かったとお思います。数にしてどのくらいかさだかではないですが、何十件かあったと思います。
これを期に何かあればということで、名刺交換も100ほどありました。
本当にありがとうございます。

三日間体調が最悪でして、二日間は遅刻、もっとしゃべろうにも咳(病院へは行ってるのですが、鼻がアレルギー炎症を起こし、喉もやられて気管支炎になりかけていました)がでてしゃべれず、満足に発言ができなったのが、つらかったですが、なんとかやりきれてホッとしております。

私の絵のジャンルで、クリエイターEXPOは正直微妙ではないのか?という懸念がありましたが、
出てみてすぐ、ああでてよかったなと思いました。

既にお知り合いの企業の方や編集部の方にも招待状をお送りしたのですが、私が出ることが意外だったかもというお声もあったりして、逆に私がびっくりしました。

なぜ参加しようかと思ったかというと、まあ新たな仕事先を探す目的ももちろんありますが、
普段コミケやコミティアで絶対に営業に来ない一般企業の、「オタク案件」、「もっとおもしろい色々な仕事がしたい!」というのが決めてでした。

そして案の定、そういう相談案件がかなり多かった。
そして、一般企業の方曰く、コンタクトとろうにも、こういう系の作家の方となかなか直にコンタクト取れる機会があまりなくて…!ということでした。
そういう意味ではクリエポは一般企業の方には足を運びやすいイベントなんでしょうね。

コミケですと基本的に、「販売」ですから、営業に来れなくはないですが、一般の方には敷居が高い。
クリエポは「商談」のイベントで、そういうブランドイベントですから、その辺り意味が違ってきますし、営業に来易いのはうなずけます。
私もコミケに企業の方を招待はできないですが(仲の良い担当さんを呼ぶというレベルなら別ですが…)、
商談イベントへは招待し易いのです。そのためのイベントですしね。

で、あと最大のメリットとしては、
普段お目にかかれない、畑違いのジャンルの大手企業との出会いですね。これは大きかったです。
プロダクションとか仲介の会社ナシで大手企業さんとの接点は実はなかなか難しいです。

あと、予想外のところからの相談も多かったです。
一応イラストオンリー的な立ち位置で参加しているのですが、ゲームや書籍以外でいうと、
勿論、漫画もありましたし、動画、アニメーション、立体関係、グッズ、学校、音楽系、商品開発系などなど、
あと、声優さんも来られたりして…!
畑違いどころか予想の斜め上行く幅の広さでとても驚きました。

そういう意味でも、実に面白いイベントでした。
本当に参加してよかった。
参加料金が高い!確かにそうですが、実質搬入の日も入れると4日で、最初はもっと短くてもいいんじゃないのか?などと思いましたが、このくらいの期間で逆に良かったなと思いましたし、これで実績が増えるか否かはまた別としても、料金相応の価値は感じました。




ここまでいっちゃうと、クリエポ信者みたいですが(笑)
私自身、去年一般にクリエイターとして、入場しただけで、今年初参加になりますし、料金も安くはないため、出るまでとても不安でした。
あと、オタクイベントじゃないですし、それも不安で。
プロダクションEXPOとかゲームとか書籍のオタク要素は多いんですが、クリエポのオタク系作家さんはごくごく一部ですし、
肩身狭いな、なんてびくびくしておりましたが、なんてことはありませんた。

初日からかなり好評で、絵もかなりほめて頂いたりして、中には本当にベタ褒めされることもあったりして、こんなに反響があるとは…!と予想以上で驚きました。

女の子かわいい!と褒められるのは、度々あるのですが(主として描いているのもあるので)、男性キャラも褒められたことがとてもうれしかったです。
あと、色彩や躍動感なども褒められましたし、普段同人誌販売してもそこまで直に褒められるかといえばそうでもないので、
こんなに褒めてもらえる日今まであったっけな…と、深々と思いました。


冊子も初日で三分の一はなくなりましたし、初日はじっくり相談がかなり多く、まったりでしたが、二日目はチラシが特にたくさん、
お手に取っていただけました、三日目はさらに色々増えました。

オタク系ということで、押し付けを懸念しておりまして、基本的に興味がある人しか配布しなかったのですが、大体は下さい!と逆に言われたりして、とにかくそういう方にどんどんお渡ししました。
冊子は400冊は配ったと思います、チラシはちょっとわかりませんが500くらいですかね。
棚に置いていたのが非常に役立ち、商談中も結構取って行かれていました。

他の方のレビューでチラシの枚数とか冊子は分厚すぎるとマズイとか色々見てたんですが、
商談の数とチラシや名刺(名刺頂かなくとも具体的に相談されることもかなり多いです。名刺を切らす方も多いようです)の数関係ないなと思いましたし、内容と絵柄のニーズ次第だなと思いました。
チラシは実績とイラストとのみで簡易版で枚数的には他の方より少ないかもしれませんが…、大体冊子とセットでみんな取ってく感じですし、この枚数でも私はうまくできたなと思いました。

冊子にはプチ作品集と、制作時間解説と、納期について、実績イラスト掲載しましたが、中でも制作時間解説が喜ばれました。
あとあらかじめ質問があった際に対応すべく、稿料についてまとめて説明文を載せた別紙と、普段イラストを発注したことがない企業向けの依頼の流れ説明た別紙を用意しましたが、特に料金をまとめたものがとても喜ばれました。かえって検討される場合に、紙にまとめてあると非常に助かるということでした。

もし自分が依頼する側だったら、何が知りたいか、どういうところ見て商談する作家を決めるだろうかという方面からみて、
冊子もそうですし、ブースも、色々作り込みました。
特に背面にはこだわりましたし、わかりやく、簡潔に、派手に、あと安っぽくなく、とにかく全部スペースは使ってやるぜと。
その結果搬入はかなり苦労しました;
幅1500は設置がかなりたいへんです。
でも苦労したかいあって、背面はかなり注目してもらえました。自分でもあれはとても満足しています。はずかしいくらいに(笑)
私は角だったので、二車線有利といいますか、片側は冊子棚で、背面で足を止めて下さった方は、冊子棚は見えないのか結構机も見られる感じで、机にもチラシなどを置き両側から配布できてとても便利でした。

私は知り合いもほぼいなかったのですが、営業妨害になりたくなかったので、挨拶も開催時間中には行かず、トイレと飲み物を買いにく時間以外はブース常駐でしたが、それでも席を立つと、いない間に名刺が…ということもあったり、商談中複数の方がブースに待つこともあったり、クリエポは個人出展限定なのに、独りでいるのはとても厳しいイベントでした。
周囲の他の方は身内なのか複数で切り盛りしておられる方も多かったです。
私も誰かいればよかったですがさすがに平日三日間は呼べる人もそうそういないですし、申し訳ない感じですよね。
体調不良で三日間、10時~18時はとてもつらかったです。最終日は特に咳がひどかったので、仕方がないので座ってチラシくばっておりました。その辺りがとても申し訳なかったです。

初めてこういう常駐イベント参加したんですが、
私的には成功できたなと、よかったと思いました。
以前よりこういう常駐イベントはでてみたかったのですが、想像以上によかった。
そしてうまくできてよかった。
すごく面白かった。
次来年は、でないですが、もし機会があれば再来年にチャレンジしたいです。
かなり計画的に数年かけて準備したいです。それの方が私は毎年出るよりいいかなと思いました。

その後既にいくつかメール頂いておりますが、今日もちょっと病院へ行っておりましたので、
後程。
この辺りきちんとすべきところではありますが、三日間の開催で仕事も少々詰まっております;
暫くお待ち頂けたらと思います。

1465ttt.jpg

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。